Hb1c8%未満、無理に下げない

糖尿病の罹患歴が長い患者さんなどの場合、無理に血糖値を下げると「心筋梗塞」などの合併症の危険があるため、HbA1c8.0%を目標値とします。


■糖尿病が進行した場合

血糖のコントロールと併せて、合併症への対策が必要

糖尿病の初期は自覚症状のないことがほとんどなので、軽く考えて放置している人が多くいます。 しかし、血糖値の高い状態が長く続くと、全身の血管が障害されてさまざまな症状が起こってきます。 糖尿病の合併症には、細い血管に起こる「網膜症」「腎症」「神経障害」があります。 全身の太い血管では、動脈硬化が進行して、「脳梗塞」や「心筋梗塞」、心筋梗塞の一歩手前の「狭心症」などを起こしやすくなります。 特に糖尿病の患者さんが心筋梗塞を発症すると、その後の経過が非常に悪いことがわかっています。 心筋梗塞を起こすと、激しい胸の痛みに襲われますが、神経障害がある場合は痛みを感じないことがあるので注意が必要です。

●血糖値は無理に下げない

本来合併症を防ぐためには、HbA1c7.0%未満を目標に治療を行います。しかし、糖尿病の罹患歴が長い、HbA1cが高い、高齢である といった患者さんの場合はなかなかそこまで下がりません。無理に下げようとして、飲み薬やインスリン製剤による治療を 強化すると、血糖値が急激に下がり、「低血糖」という危険な状態に陥りやすくなります。 糖尿病の患者さんで狭心症を伴っている場合には、低血糖によって心筋梗塞が引き起こされる危険性もあります。 低血糖は全身のエネルギー源が不足する緊急事態のため、交感神経の働きが急に高まります。 血管が収縮して血圧が上がり、血液も固まりやすくなります。血管内にコレステロールの溜まった「プラーク」という 瘤状の膨らみがあると、破裂してできた血栓が心臓を取り巻く血管に詰り、心筋梗塞を起こすと考えられます。 こうしたリスクを避けるためには、まずHbA1c8.0%を目標に、慎重に治療を行っていくことが必要です。