糖尿病の薬物療法「インクレチン関連薬」

●糖尿病の治療薬は、主にインスリンの分泌を促進したり、働きをよくします。
●2009年にインスリンの分泌を促進する『インクレチン関連薬』が登場しました。
●インクレチン関連薬は、血糖値が上昇した時に血糖値を下げます。


■糖尿病の治療薬

経口薬と注射薬があり、さまざまな作用で血糖値を下げる

糖尿病の治療薬には、経口薬と注射薬があります。 経口薬には、膵臓に作用してインスリンの分泌を促す「インスリン分泌促進薬」や、 肝臓や筋肉、脂肪組織に働いてインスリンの働きを改善する「インスリン抵抗性改善薬」、 小腸に作用してブドウ糖の吸収を遅くする薬があります。 注射薬には「インスリン製剤」があり、膵臓から分泌されるインスリンの働きをします。
そして、2009年からは『インクレチン関連薬』が登場しました。


■インクレチン関連薬とは?

インクレチン関連薬には、「DPP-4阻害薬」「GLP-1受容体作動薬」があります。 どちらもインスリンの分泌を促進する働きを持っていますが、血糖値を下げる仕組みは従来から使われている インスリン分泌薬とは異なります。

▼血糖値が高いときにインスリン分泌を促進する
インスリン分泌促進薬で、従来からよく使われている「スルホニル尿素薬」は、 血糖値に関係なくインスリンの分泌を促進します。 一方、インクレチン関連薬は、血糖値が高いときにインスリンの分泌を促進します。 そのため、低血糖が起こりにくくなるのです。

▼グルカゴンの分泌を抑制する
膵臓は血糖値を上げる「グルカゴン」というホルモンも分泌しています。 健康な人は、血糖値が高い状態ではグルカゴンの分泌が抑えられていますが、 糖尿病がある人では、分泌量が増えてしまいます。 インクレチン関連薬には、膵臓からのグルカゴンの分泌を抑える働きもあります。

このようにインクレチン関連薬は、インスリンの分泌を増やす一方で、グルカゴンの働きを抑えるという 2つの作用によって血糖値を低下させます。