■「糖質制限」Q&A

▼糖質制限をしてはいけない人はいますか?
糖質制限に限らず、すべての人に有効な食事療法はありません。 痛風の発作のある人、尿酸値が8mg/dl以上の人、狭心症や心筋梗塞の人、活動性の膵炎がある人、 またはこれらの経験がある人などは、糖質制限を避けたほうがよい場合があります。 また、糖尿病の人で血糖降下剤を飲んでいたり、インスリン注射を打っていたりする人は、主治医と相談してください。

▼外で外食を摂るときの糖質制限のコツを教えてください
外食では、セットメニューではなく、単品メニューを組み合わせること。 主食やスイーツを避け、肉や魚、野菜、乳製品など低糖質の食材をバランスよく選びます。 「ご飯を残すのが申し訳ない」という人は、注文時に断ったり、少なめにとお願いしたりするように。 外食時に糖質制限をする自信のない人は、低糖質で作ったお弁当を持っていくといいでしょう。

▼お勧めの血糖測定器はありますか?
測定時に痛みを伴わない製品がお勧めです。指先に針を刺して採血する製品の中には、痛みを感じるものもありますが、 それでは続きません。最近では手のひらや腕などで採血ができ、痛くないものが出ています。 値段は1万5000円前後。薬局などで購入する際は、使用後の針をきちんと回収してくれる法的な販売許可を得ている お店を選びましょう。

▼糖尿病腎症の人は糖質制限に向かないと聞いたのですが、本当ですか?
腎機能の低下している人が糖質制限をしているときは、主治医と相談した方がいいでしょう。 とはいえ、がっかりしないでください。今まで治らないとされていた糖尿病腎症ですが、 テルミサルタンという血圧を下げる薬でよくなる、ということが発見されました。 詳細は『糖尿病は「生ものをたべなさい」(毎日新聞社)』を読んでみてください。